自宅で簡単副業! 空いた時間ですぐにできるから、育児に忙しい主婦の方から大きな反響を受けています。 一日たった20分の作業で月18万円が入ってきます。 家族で旅行、ちょっと豪華な食事、子供の積立金など ちょっとの収入で選択肢は多くなりませんか?

2010年06月01日

油をとりながらダイエット

こんにちは。


色々と健康に気をつけながら、

ダイエットをしている毎日ですが、

たまに 「あ〜っ、天丼食べた〜い」グッド(上向き矢印)

って思うことがあります ふらふら

これって身体が油を欲しているんでしょうかね?

皆さんも突然こってりしたものが

食べた〜いと感じる事はないですか?


それに、赤ちゃんの時期や思春期、

栄養過多によって増えるという

脂肪細胞を気にして

子供や主人にさっぱりした物を

作ると必然的に私も

その様な食事になります。

でもあんまりさっぱりした食事ばかりだと

なんとなく肌あれをしたり

髪がパサついた感じがしたりと

微妙な変化を感じることがあるんですよね〜 もうやだ〜(悲しい顔)


やっぱりダイエットをしても

お肌がカサカサだったり

ハリがなかったら

ちょっといやですよね〜 ダッシュ(走り出すさま) 


なので、子供の脂肪細胞、

ご主人のメタボリック、

ママのダイエットを考えて

お料理をする時に

ちょっと知ってるといいかも グッド(上向き矢印)

一生ダイエットで悩まないでいいような私生活を送るために・・・ひらめき

*ダイエット中でも必要な油の量*

ダイエット中でも必要という事は

健康を維持する為にも

最低限必要な油と言うことですよね グッド(上向き矢印)

その量は一日 「大さじ一杯半」exclamation


油(脂)はビタミンA・D・Eの

脂溶性ビタミンの吸収を助ける

大きな働きがあります。

なので、油(脂)をとらないと

*細胞の新陳代謝が悪くなる

*ビタミンA不足で髪がパサパサになる

*ビタミンD不足で骨粗鬆症になる

*ビタミンE不足で肌の弾力がなくなり
 しわが増える


なんか女性にとっては

避けたい事ばかりですよね。


なので、健康な体を作るには

一日の総摂取カロリーのうち

20〜25%を植物油と

動物性の脂肪(魚の脂も含む)でとりましょう。


もっとわかりやすくすると

*大豆加工食品を含む植物性脂肪・・・5

*乳製品を含む動物性脂肪・・・4

*魚に含まれる脂肪・・・1

の割合で摂取するのがベストで

この割合から出た数字が

「大さじ一杯半」になる訳です!


必要な油は摂取しても、

今は食材そのものに油(脂)が

含まれている物も多いので

フッ素加工のフライパンや

電子レンジを使う事で

余計な油は取らないように

気をつけましょう わーい(嬉しい顔)







posted by Ruka at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。